25976364832_32443b2438_k

意外と多い悩みのひとつ「目の下のくま」。これから大事なデート飲み会!せっかくいつもより気合入れてメイクアップしたのに、なぜか納得いかない。目の下のくまが表情を暗く冴えないものにしているみたいだけど…これどうしたら解消出来るのだろう!? 対策方法は?

なぜ目の下にくまができるのでしょうか?一般的には寝不足といわれているけど、それだけが原因というわけではないようです。他にも色々原因が…そして、その解消方法は?
そして、目の下にクマがあると、疲れて見えたり、老けて見えたりします。ダークな印象にも繋がりますね。クマと一口に言っても種類があり、それぞれに原因と対処法が異なりますから、自分のクマはどれにあたるのか、よく見てみましょう。

 

目元のクマの原因と種類別対策方法

目のくまの原因としては、睡眠不足や疲労、ストレス、体調不良による血行不良だけでなく、眼精疲労、ドライアイも目のくまには良くないことがわかっています。でも、どうして目のまわりにだけ、「目のくま」ができるのでしょうか?
それは、眼のまわりやまぶたの皮膚が、まわりの皮膚に比べてとても薄く敏感で、皮膚の下の血管の色などが見えているからです。
特に、眼の下の皮膚は0.6ミリととても薄く、卵の薄皮程度しかありません。人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスによるうっ血などで血液が黒ずんでいたり、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずんで見え、それが「目のくま」となります。目元は非常にデリケートで蓄積されたダメージが表面に出やすいのです。

クマの種類と主な原因は!?

  • 茶グマ・・・色素沈着などが原因のクマ
  • 青グマ・・・睡眠不足や疲れによる血行不良などが原因のクマ
  • 黒グマ・・・たるみ、皮膚のへこみやくぼみなどが原因のクマ

茶グマの原因と対策

茶グマは茶グマでも2種類あります。1つは、表皮にできたシミと同じレベルのもので、もう1つは真皮レベルでメラニンが皮膚の奥の方に「沈着」したものです。

表皮レベルの茶グマの原因

茶グマの主な原因は色素沈着です。紫外線から受けたダメージに加えて、目をこすりすぎることで、色素沈着を起こしやすくなります。また、アトピー性皮膚炎や保湿不足による乾燥による痒み、落としきれないマスカラやアイメイクが原因になっていることも考えられます。
また注意が必要なのが、クマは目の下にだけできるのではないということ。まぶたの茶グマは、加齢のせいにしたり、上からメークをするので見過ごしたりしがちですが、わかりにくいですが、これもクマと考えられます。

対策法

美白効果の高いコスメでケアしましょう、最近は美白関係のコスメはいろいろと出ていますが、日々のケアとしては、美白作用のあるビタミンC誘導体配合のスキンケアコスメがこの手のクマには効果的でしょう。
また、クリニックなどで処方してもらうハイドロキノンも有効です。

真皮レベルの茶グマの原因

原因は、遅発性両側性太田母斑様色素斑(ちはつせいりょうそくせいおおたぼはんようしきそはん)と呼ばれるアザです。20歳を過ぎた辺りから、両頬・おでこ・小鼻・目の下などにあらわれる青みのある灰色と茶色が混ざったような色素斑のこと。メラニンが皮膚の奥に沈着している状態です。

青グマの原因と対策

目のまわりには、たくさんの細かい毛細血管が通っていますが、その血液が滞り、目のまわりの薄い皮膚から毛細血管が透けて、青っぽく見えるのを青グマと呼んでいます。冷え、生活習慣、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足や疲労、ストレス、目の疲れなど原因にはいくつか考えられます。最近では、日中スマホやパソコンを使う人が多いですが、パソコンの画面を凝視することで、血流が滞ることも大きな原因の1つと考えられます。

対策法

マッサージやホットパックなどで血流をよくするのが効果的です。マッサージはアイクリームなどですべりをよくし、薬指で優しく行うことがポイントとなります。薬指ですと余計な力が入らず、目の周りの薄くデリケートな皮膚に負担をかけません。強い力でぐいぐい押したり、こすったりしては逆に色素沈着を起こして茶グマの原因になってしまいますので、注意してください。

黒クマの原因と対策

このタイプには大きく分類して二つの原因があります。
①生まれつき目の下の脂肪が少ない、または加齢により目の周りの脂肪が縮んだり、皮膚のたるみの影響で皮膚のへこみが目立つために影が出来るタイプのものがひとつ。

②加齢により目の下の眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えている筋肉が緩くなり、眼窩脂肪が突出することにより、たるみが生じ、その下にへこみができるタイプの2種類です。
どちらの場合もシミではないので、コンシーラーなどで隠すことは難しく、よくある間違いとしてメイクで隠そうと必死になり厚塗りをすると、余計に目立ってしまいます。

対策法

①のタイプは皮膚のへこんだ部分にヒアルロン酸を注入し、へこみを失くす方法があります。
②のタイプは眼窩脂肪を取る脱脂術などの手術があります。
茶グマと青グマ、茶グマと黒グマの混合型も多く、ケアもそれぞれの対処法を合わせたものになります。色などを見て判断するか、どうしても気になる方や確実に除去する場合には専門家・医師に相談してみることをオススメします。

目元のクマの解消法で、確実に見た目年齢は若くなる!

「目の下のクマ」の原因は、寝不足や疲労などによると一般的には言われています。しかし、それだけではないことがお分かり頂けたでしょうか!?

クマの種類や原因、対策は違いますが、共通の対策があります。女性は冷え性の方が多いですが、その冷えが「クマ」の大きな原因になっているということです。クマガキになる方は身体を冷さないことに気を遣いましょう。

効果的な「クマ」の解消や予防方法

  • 簡単ストレッチで目の周辺の筋肉を鍛える
  • 目元マッサージで血行を促進させ、くまを改善
  • 目の下のくまに効くツボを押す

日々のケアとしては、血行を促進する効果のあるビタミンK入りのアイクリームが有効です。目の周りの血流だけをよくするのではなく、全身の血のめぐりをよくするためにも、半身浴や適度な運動は予防になります。

また喫煙は毛細血管の血流を悪くするので禁煙も大切です。