box03

「最近すっかり老け顔が印象に..ついてる感じがする…」 「友人になんだか疲れてる!?ってよく言われる…」

30代を過ぎて、普段のストレスも相まってか、気がつけば心当たりがある方も多いのではないでしょうか!?

これは、加齢などにより目の周りの筋肉がゆるむと、下まぶたの奥にある脂肪(眼窩脂肪)がせり出し、それがたるみとなって影ができます。これがいわゆる老け顔に見える原因である影クマ(黒クマ)です。

セルフケアでは解消は難しいと言われる影クマ(黒クマ)ですが、普段からの予防対策を行うことが重要になってきます。

また、どうしても解消したい場合はヒアルロン酸等の美容外科治療なども検討することをおすすめします。

影クマ(黒クマ)の原因

目の下にうっすら浮かぶ黒いクマ。この影クマ(黒クマ)は、目の下のたるみが原因で起こります。
たるみやシワが目元に影をつくりそれがクマのように見えてしまうのです。上から部屋の明かりや太陽光などの光が当たった時にさらにクマが目立って浮きだってしまうのが影クマ(黒クマ)の嫌な特徴です。

たるみ自体は主に加齢が原因。老化によって目の周辺の筋肉が衰え、脂肪がたまって下がることによって目の下のたるみができます。

水分を保持するヒアルロン酸やコラーゲンが年齢とともに減少し、弾力がなくなることが大きな原因となります。

最近ではスマホの見過ぎや、仕事柄パソコンを長時間使用する方が増えていますが、これもたるみの原因となります。画面に集中してまばたきの回数が減ると目の周囲の筋肉が衰えて目の下にたるみができてしまうのです。

他にも、目が大きい方や頬骨が張っている人は、たるみができやすいと言われている他、意外と思うかもしれませんが、急激なダイエットなどで目の下の皮が垂れ下がり影クマ(黒クマ)となることもあります。

影クマ(黒クマ)のセルフ予防対策

影クマ(黒クマ)を解消するためには、原因となる目の下のたるみを解消する必要があります。

セルフケアの前に必ず徹底しておきたいのが、目元の保湿です。

目元が乾燥すると小じわが増えてしまい、たるみが悪化..。さらに黒クマが目立ってしまいますので、保湿成分が配合された基礎化粧品で肌表面から肌のハリや弾力を保つよう心がけましょう。

またこの時に注意が必要なのが、目元の皮膚は特に顔のパーツの中でも敏感なこと。保湿といえども刺激が強いものは慎重に使用することを心がけましょう。

さらに、外側からのケアと同時に実践したいのが内側(インナー)からの保湿です。

積極的に摂取したい影クマ(黒クマ)予防の栄養素や食べ物

  • 筋肉や内臓、血など全身の組織を作るタンパク質
  • ニンジンやカボチャなど色の濃い緑黄色野菜に多く含まれるビタミンA
  • きのこ類、海藻類、豚肉に多く含まれるビタミンB群(皮膚の働きを正常にする)
  • 乳製品や魚、海藻類に含まれる亜鉛・マグネシウムなどのミネラル(肌の新陳代謝を促す)
  • 野菜や果物ビタミンC、植物油、ナッツ類、うなぎなどに含まれるビタミンE(ホルモンを生成する

このようにターンオーバーを促すためにバランスの良い食生活が非常に大切です。

以下のことも、毎日は難しくても定期的に習慣として行うことが大切になります。

目の周りのむくみを解消&血行促進

,

「仕事が終わったらメイクや皮脂の汚れを洗い流す。」ということが肝心だと言えます。これが着実にできていなければ、「美白は100%無理!」と言ってもいいと考えます。
思春期と言われるときはまるで生じなかったニキビが、思春期が終わるころからでき始めたという人も見受けられます。絶対に原因があるはずですから、それを明確化した上で、実効性のある治療法を採用したいものです。
「日焼けをしたにもかかわらす、お手入れをするわけでもなくなおざりにしていたら、シミができちゃった!」といったケースみたいに、常日頃から気に留めている方だとしても、「ついつい」ということはあるのですね。
乾燥している肌と言いますのは、肌のバリア機能が低下しているため刺激に対する防御ができなくなり、肌の柔軟性がなくなったり、しわが生じやすい状態になっていると断言できます。
スキンケアと言いましても、皮膚の一組織である表皮とその中を構成している角質層の所迄しか効果はありませんが、この重要組織の角質層は、酸素の通過もブロックするほど強固な層になっていると聞いています。

ニキビで困っている人のスキンケアは、徹底的に洗って残っている皮脂だったり角質といった汚れを洗浄した後に、しっかりと保湿するというのが最も大切です。これは、何処の部分に生じたニキビでも同じだと言えます。
現代の思春期の人達は、ストレスを溜め込むことが多いので、ニキビ向けの洗顔フォームや化粧水を使用しているのに、まるで進展しないという状態なら、ストレスそのものが原因だと言えそうです。
正直に申し上げれば、直近の2年ほどで毛穴が広がって、肌の締まりもなくなってしまったみたいです。そのおかげで、毛穴の黒っぽいブツブツが大きく目立つようになるのだと理解しました。
美白が希望なので「美白専用の化粧品を肌身離さず持っている。」と明言する人も目に付きますが、肌の受け入れ準備が整備されていない状況だと、ほとんどのケースで無駄骨だと言えそうです。
肌荒れを良くしたなら、有用な食品を摂って身体内よりきれいにしていきながら、身体の外からは、肌荒れにおすすめの化粧水を活用して改良していくことが大切だと思います。

スキンケアに関しましては、水分補給が肝だと思っています。化粧水をどのように利用して保湿を継続させるかで、肌の状態のみならずメイクのノリも違ってくるので、徹底的に化粧水を用いるようにしたいですね。
以前のスキンケアは、美肌を生む全身のメカニックスには関心を寄せていない状況でした。例えて言うなら、田畑を耕すことなく肥料のみ毎日撒いているのと何ら変わりません。
風呂から上がったら直ぐに、クリームだのオイルを利用して保湿するのは大切ですけど、ホディソープの内容成分やその洗い方にも留意して、乾燥肌予防をして頂ければと思います。
人様が美肌を目論んで精進していることが、ご本人にもマッチするとは限らないのです。面倒だろうと考えますが、諸々実施してみることが肝心だと思います。
透明感の漂う白い肌のままでいるために、スキンケアに気を配っている人も大勢いるでしょうが、実際の所信用できる知識を身に付けたうえで実施している人は、ごく限られていると思われます。

表情筋を鍛える

顔のたるみは「筋肉の張力の低下」によって、皮膚が支えきれなくなり、たるみが起こります。加齢にともない、腕や脚の筋肉が衰えるように、私たちの顔にある筋肉である「表情筋」も衰えるのです。

表情筋の中にもほおを引き締める頬筋(きょうきん)、目の周りの眼輪筋、額の前頭筋などがありますが、よリ手軽に効果を高めたい場合は、家庭用美顔器がおすすめです。

目元のエイジングケアコスメでたるみを防ぐ

俗に言う思春期の頃には1つたりともできなかったニキビが、20代も半ば過ぎから生じるようになったという人も見受けられます。どちらにせよ原因が存在しているわけですから、それをはっきりさせた上で、然るべき治療に取り組みましょう。
常に肌が乾燥すると落ち込んでいる方は、保湿成分がふんだんに混入されているボディソープを選ぶべきです。肌のことを考慮するなら、保湿はボディソープ選びから気をつけることが肝要です。
「寒い時期になりますと、お肌が乾燥して痒くてしょうがない。」と言われる人が非常に多いですね。だけれど、ここ何年かの傾向を見ると、何時でも乾燥肌で思い悩んでいるという人が増加傾向にあるそうです。
シミ対策がご希望なら、肌のターンオーバーを進めて、シミを恢復する役目を担う「ビタミンA」と、メラニンの沈着を予防し、シミを薄くする作用を持つ「ビタミンC」を摂ることは大切です。
皮膚の新陳代謝が、一際勢いよく行われるのが寝ている間だから、しっかりと睡眠を確保するようにすれば、肌のターンオーバーが活発になり、しみが消える可能性が高くなります。

皮脂が毛穴の中まで入り込むのがニキビの因子ともいえ、その皮脂を養分とする、アクネ菌が増え続けることで、ニキビは炎症を起こし、悪化の道をたどるのです。
現実に「洗顔を行なわないで美肌を手に入れてみたい!」と願っているようなら、思い違いしてはいけませんので「洗顔しない」の実際的な意味を、徹底的に会得することが欠かせません。
ニキビは、ホルモンバランスの崩れによるものだと指摘されていますが、睡眠が満足に取れていなかったり、ストレスの多い生活環境だったり、食生活が悪かったりというような状況でも生じると聞いています。
「この頃、何時でも肌が乾燥しているので悩むことがある。」ということはないでしょうか?「単なる乾燥肌でしょ!?」と何も手を打たないでいると、劣悪状態になって恐ろしい経験をすることもあり得るのです。
お肌に乗っかった状態の皮脂が気になってしょうがないと、お肌を力いっぱいに擦るようなことをしますと、反対にニキビを誕生させる結果となります。可能な限り、お肌が摩擦により損傷しないように、ソフトにやるようにしてくださいね。

通常、呼吸に気を付けることはほぼありませんよね。「美肌と呼吸は親密な関係なの?」と疑問に思うかもしれないですが、美肌と呼吸は切り離して考えられないということが分かってきたのです。
基本的に、肌には自浄作用のあることが分かっており、汗とかホコリはぬるめのお湯で洗えば十分に落とすことが可能です。大事な皮脂はそのままで、必要ない汚れだけを除去するという、正確な洗顔を身に付けてください。
肌荒れを放ったらかすと、にきびなどが発症しやすくなり、従来のやり方だけでは、スムーズに治すことは不可能です。例えば乾燥肌について言いますと、保湿オンリーでは克服できないことがほとんどです。
目尻のしわは、そのままにしておくと、想像以上にはっきりと刻まれていくことになるはずですから、気付いた時にはすぐさまケアしないと、厄介なことになるかもしれません。
敏感肌の元凶は、一つじゃないことが多々あります。そういう背景から、良くすることが希望なら、スキンケアに象徴される外的要因は言うまでもなく、食物であったりストレスを筆頭とする内的要因も再評価することが肝心だと言えます。

影クマ(黒クマ)治療は美容医療が一番期待できる

影クマ(黒クマ)を根本的に解消するためには美容外科での治療が一番です。

影クマ(黒クマ)の原因は、目の下のたるみです。この場合に有効的なのが、ヒアルロン酸注射です。
では、くまやたるみといった目の下のトラブルに、なぜヒアルロン注射が効果的なのでしょうか?気になるその理由と施術の内容・金額を見ていきましょう。

理由

肌細胞に潤いとみずみずしさを与え、ハリのあるお肌を取り戻す効果があります。
ヒアルロン酸はもともと人間の体細胞の中に存在している成分で、細胞と細胞とを繋ぐ役割を担っています。この繋ぐ力が、ハリや弾力に繋がっているわけです。

シワの部分に沿って注射をし、肌をふっくらとさせて目立たなくさせて、陰になってできていた影クマ(黒クマ)も一緒に消えることになります。

また、安全面でも元々カラダの中にある成分で糖の一種なので、アレルギーの心配もありません。

治療期間

注入にかかる時間は15分程度の簡単な治療です。

術後に腫れなどの症状もほとんどなく、即日にメイクも可能です。極稀に痛みも伴う場合もあるのですが、3日程度で元通りになります。
一度注入すると、半年ほど効果が持続します。

料金

左右の目の下のヒアルロン酸注射については、1本あたり4~6万円程度をです。※ちなみにほうれい線の場合は7万円~

ヒアルロン酸注射などの美容医療は保険適用外です。なので、正確な相場というのは存在しません。クリニックによって違いがあるので、よく確認してから選ぶようにしましょう。

注意していただきたい点は、高額なクリニックが安価なクリニックより技術が高いというわけではないということです。予算上、施術料金は大切な参考基準になりますが、それだけで選ぶのはやめましょう。

まとめ

影クマ(黒クマ)の原因が加齢による目の下のたるみであることから、たるみを予防することが影クマ(黒クマ)の予防につながります。

上述したとおり、何より日々のスキンケアが重要です!

美容成分がたっぷりと配合された化粧水や美容液のほか、バランスのとれた毎日の食生活はもちろん、食事だけでは補いきれない栄養については、サプリメントにより経口摂取してもいいでしょう。

食生活の中で気をつけたいのが、塩分の摂りすぎです。
目の下のたるみにむくみがプラスされることによってさらに影クマ(黒クマ)が目立つようになってしまいますが、塩分の摂りすぎはまさにむくみの原因そのものになります。冷たい飲み物の摂りすぎにも注意しましょう。

また、筋肉の衰えが目の下のたるみの原因となりますので、表情筋を鍛えるのが一番効果的でしょう。

満面の笑みを作ってから口元だけ元に戻す

口を大きく開けて頬の筋肉を伸ばす

力強いウインクを何度も行う

など、テレビを見ながら、家事をしながらでも簡単に筋トレを行えますから、是非挑戦してみてください。

 

この筋トレ後にはたるみを解消するためのコラーゲン強化のアイクリームでマッサージでほぐすとより効果的です。

若返り度200%!アイクリーム人気ランキング!